アップルワールドのポイントをANAマイルに交換しました。

 

f:id:expatmiler:20170413114400p:plain

 

陸マイラー活動 & ANAダイナースクラブカードを発行してから以降は、ポイントサイト経由もしくはダイナースクラブ・ポイントモール経由で宿泊予約をした方が、断然 還元率が良いということを学習しました。

 

今まで宿泊費用に関しては、アメックス・スカイトラベラー・カードを使って還元率 3%でやってきましたので、スカイトラベラーの3倍ボーナスポイント対象の旅行会社 2社 (日本旅行 & アップルワールド)のうち、主にアップルワールドを使っていました。

(今は Web上の入口サイトは、ホテリスタという名前になっていますが・・・。)

 

で、実は知らない間に アメックスのポイントとは別にアップルワールドでのポイントが意外に貯まっていました。

 

アップルワールドもポイントサイトやダイナースクラブ・ポイントモールの中にあるのですが、どちらかというと他のサイト、エクスペディアやホテルズドットコム、ブッキングドットコムなどの方が還元率が高い傾向にあることも踏まえて、おそらく今後はアップルワールドの使用頻度は、個人的には激減するだろうと思いましたので、一旦、アップルワールドでのポイントをマイルへ交換することにしました。

 

還元率的には、100円で 1アップルポイントなので、ここまでは 1%。

で、一番率がいいのは、1アップルポイント=1円で支払いに使用するのがいいのですが、上記の通り今後は使わない可能性が多いのと、無料で 1泊分くらいになるほどまでは貯まっていなかったので、マイルへの交換ルートに乗せることにしました。

 

アップルワールドのポイントは直接 ANAマイルにも交換することが出来るのですが、その際は

  • 3アップルポイント → 1 ANAマイル

と、還元率的には 0.3%にしかなりません。

 

ポイ探で検索すると、

  • 1,000アップルポイント → 1,000 nanacoポイント → 560 ANAマイル

が、一番最適なルートだったのですがあいにく、私、nanaco持ってません(笑)。

 

なので、二番目に最適なルート

  • 1,000アップルポイント → 500 Tポイント → 500 ANAマイル

の、還元率 0.5%のルートに乗せることにしました。

 

楽天ポイントも マイルにすると 0.5%ですし、ソラチカルートが出来るまでは 0.5%というのは、まぁ標準的なレートでもあった訳で、スカイトラベラーについた 3倍ポイントも考慮すると 3.5%の率になりますので、今回はこれで納得することにしました。

 

逆に、今回の計算結果を考えると、カードでの決済ポイントを含めたトータルでのレートが 3.5%以上 (決済ポイント除くと 2.5%以上) じゃないと、ポイントサイト or ダイナースクラブ・ポイントモール経由で予約する意味がなくなるということになりますので、今後の宿泊予約は この数字を頭に入れておきながら選ばないといけないですね。

 

ダイナースクラブ・ポイントモールも、2017/5/16以降は 5,000単位でのボーナスポイントの付与になりますから、金額によってはポイントサイト経由の方が率が良くなる場合もありますから、きちんと計算した上で、賢く使い分けていこうと思います。