読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セゾンカードにチャレンジ!(でもちょっとリスキー)

すこし前に書いた「セゾンカードの海外の壁」を突破すべく、日本にいる間に申込みのチャレンジをしてしまいました。

 

ポイント(金額 or マイル相当)の付与は最高ではなかったんですけど、使い慣れていたんで、ちょびリッチ経由で申し込みをしてみました。

 

f:id:expatmiler:20170325132205j:plain

 

ちょうど、こんな ↑ キャンペーン中でした。

 

先に書いた通り、他のポイントサイトではもっと高額のものもありましたが、ちょびリッチの場合は、今回、

  • カード発行後のショッピング利用で今だけ12,000ポイントGET!
    ( カードお申込み後、新規カード入会(発行)+入会月の翌月末までに合計1万5千円(税込)以上のショッピング利用された方 )

  • カード発行(キャッシングご利用可能枠あり) で今だけ12,000ポイントGET!
    (キャッシングご利用希望枠を10万円以上に設定の上、お申込み頂き、キャッシングご利用可能枠1万円以上のカードを発行された場合)

という、2種類の案件が出てまして、私が選んだのは後者の「キャッシング利用可能枠あり」パターンの方。

 

今回の日本滞在後、いつ日本円での決済ができる場面があるのか見当が付かなかったのと、ダイナースとか他のカードの支払い案件を優先したかったので、前者ではなく後者を選んだと。

 

本人確認の運転免許証も更新が済みましたし、セゾンカードはセゾンカウンター(=店頭)でも受取りが可能なので、例の「本人受取限定郵便/宅配便」を回避することができますので・・・。

 

尚、年会費が無料ではないセゾンカードの場合は、セゾンカウンターでの受取りは出来ないみたいです。(コールセンターに確認済み / 初年度年会費無料も含む)

 

ちょっと、ここのところハイペースでカードを発行しているのと、キャッシング利用可能枠つきというのが、 (もともとのメインカードの ANA SFC VISA ゴールド と 今後メインで使うつもりのダイナースには、海外で現地通貨を引き出せるよう、あえてそれなりの額のキャッシング枠を既につけているので・・・) ちょっと自信ないのですが、なかなかこういうチャンスがないのと、セゾンの場合、1度作ってしまえば、その後のセゾン系のカードの本人確認 & 受取りに関してハードルが下がるので、勢いでチャレンジしてしまいました・・・。

 

ただ、セゾンカードの場合の審査の評判、このページによれば・・・

セゾンカードの審査難易度を解説│クレジットカード審査基準ガイド

 

セゾンカードの場合、多重申込に対しては非常に厳しいという印象だ。 特に半年以内に他社カードの申込履歴がある人は要注意

 

とか、書いてるし・・・。

 

覚えておきたいセゾンカードの申込や利用時の注意点 | クレジットカードの口コミ.com

では、

 

③セゾン系のカード以外のクレジットカードも同時申し込みする場合(多重申込)は、必ず1件目にする
他社申し込み履歴はクリアにしておく

④セゾンホルダーになりたければ、多重所持する前に申し込み・可決さしておく
※セゾンカードは、属性はあまり重要視しておらず、本当にカードを利用してくれそうな人を可決する傾向にある。既にクレジットカードの取得枚数が多重気味な人や 場合によっては、ダイナースを持っているような高属性の人も、否決さしたりする(メインで使ってくれないと、判断)

 

とか、

セゾンカードは本当に多重持ちに厳しいか実際に申し込んでみた結果・・・ | クレジットカードの口コミ.com

でも、

 

要するにセゾンカードって「これからも利用してくれそうな顧客」には発行するのですが、「発行してもあんまり利用してくれなさそう」と判断した場合は、クレジットカードの審査上でどんなに高属性の方でも発行審査で落としたり、極端に利用限度枠を絞って発行してきます。

実際に私の友人で、公務員(課長)や会社役員、医者と言った高属性の人でも過去セゾンカードを申込みをして審査に落ちてるのを目撃してきました、過去金融事故は一切ないにも関わらずです。

逆にあまりクレジットカードを持っていない主婦や学生などには利用してくれそうということで審査が通過しやすい傾向にあります。

振り返るとセゾンカードの審査に落ちた彼らに共通している事は「男性であり、既にクレジットカードを多数所有している」状態で、それらのクレジットカードの利用限度枠がそれぞれ300万円あるような状態でした。

 

とか、読むとめっちゃ不安・・・。

 

さて、どうなるでしょうか?

うまくいけば、5,400 マイル相当になるんだけどなぁ。