海外の壁:セゾンカード発行編

最近、ポイントサイト「ハピタス」や「ちょびリッチ」でよく目にする、セゾンカード系の案件。

年会費無料のものからゴールドクラスのものまで、いろいろ複数の掲載がありますね。

 

f:id:expatmiler:20170310112925p:plain

 

いろいろと気になるカード、申し込みしてみたいカードがあるのですが、実はセゾンカードも海外に長期出張・滞在中の身には、ハードルが高い案件のひとつです。

 

というのも、下記は、「お申し込みの流れ 詳細」ページなのですが・・・

www.saisoncard.co.jp

 

上記のページの説明の通り、

 

お申し込み確認は勤務先にもご連絡させていただく場合がございます。

 

はじめてセゾンカードをお申し込みいただく場合は、本人限定受取郵便(特定事項伝達型)での発送となります。

 

ということになっているので、以前にも書いたように

  • (日本国内の) 勤務先に、そもそも居ない
  • 本人限定受取郵便は、(日本にいる) 家族の代理受取り不可

なので、いつも「ちょびリッチ」の高額案件を見ながら、「これ、申し込めたらいいな~」と指をくわえて眺めている状況です(笑)。

 

ただ、今回、気になる文言を、もうひとつ発見しました。

 

これ、ひとつめの文言は上に書いたものと同じものなのですが、
   ↓

 

はじめてセゾンカードをお申し込みいただく場合は、本人限定受取郵便(特定事項伝達型)での発送となります。

 

すでにセゾンカード・UCカードをお持ちの場合は、今回お申し込みいただいたお名前・ご住所・お勤め先などを最新の情報として全てのカードのご登録内容を統一させていただきます。

 

赤字にした部分に加えて ふたつめの文言と合わせて考えると、もしかしたら、

  • はじめてセゾンカードを申し込んだ場合は、本人受取限定郵便になる。
  • でも、2枚目以降のカードからは、1枚目のカードで本人確認が出来ているので、その情報を元に(信用して)「さくっと」発行 & 本人限定受取郵便じゃない方法で発送できる。
    (最新の申し込み情報が更新されている場合は、遡って過去に発行したカードの個人情報が最新のものと同一に更新される。)

って意味では???・・・と。

 

ということは、とりあえずなんとかして 1枚目を作れば、その後は定期的に(簡単に)発行できるかもしれません。

 

そういうことであれば、次の日本滞在時に (ポイントの獲得はこの際 無視して) なんでもいいからとりあえずセゾン系のカードを 1枚作ってしまおうかと画策してもいいかも。
(もちろん年会費無料のヤツ(笑)。)

 

同じ「お申し込みの流れ 詳細」ページには、「来店でのお受け取り」ルートも掲載されていますのでので、このルートも候補にしながらちょっと検討してみたいと思います。