SFC取得 (ANAプラチナ達成) 初年度の備忘録。

今回は、マイルではなくプレミアムポイントについてのネタです。

既に最初の頃の記事で、海外長期遠征が始まった初年度に ANAのプラチナステータスを達成できた時の状況などを書きましたが、当時は無知で非常に効率の悪い プレミアムポイントの貯め方をしていました。

 

f:id:expatmiler:20170213183720j:plain

 

効率が悪かった時の反省も含め、また自分の備忘録としても、少し記録に残しておこうかと・・・まぁ、メモ記事です(笑)。

 

以下、だらだらと。
(ANAマイルの加算がないフライトは除く)

 

 

というわけで、1年のうち、既に 4分の3 が過ぎた 9月にブロンズ達成。

ここで初めて「プラチナいけるかも!」と本気で、SFCを目指すことにしました(笑)。

幸いなことに 11月 & 12月のフライトは、ANAで予約を取っていたので、足りない PP分を埋めるために、もう 1フライトを ANA便で追加することにしました。


この時点では 32,326 PPの内、シンガポール航空で 17,858 PP、ANAで 14,468。

プラチナの達成基準 50,000 PPの内、25,000 PPは ANA便で搭乗する必要があるので、残りのフライトは全部 ANA便を使って、

 

  • 10月:SIN - NRT 往復 / 6,954 / ANA (累計 39,280)
  • 11月:SIN - HND - ITM & ITM - NRT - SIN / 8,074 / ANA (累計 47,354)
  • 12月:SIN - NRT - ITM 片道 / 5,928 / ANA (累計 53,282)

 

と、なんとか12月にギリちょんでプラチナに滑り込み!
この内容だったら、最初から全部 ANAにしてたら、1フライト少なくてもよかったかもしれない・・・。

 

この年は、ぜーんぶ エコノミークラスの移動でしたけども、年内にギリギリ達成できたのは勢いでラストスパートしたにしても ラッキーだったのかなーと。

 

ちなみに、初年度だけは (ポイントサイトとか知らなかったから直接申し込みましたが) 楽天プレミアムカードを作って (これも2月ごろに) プライオリティ・パスもらって、何回か(当時 プライオリティパスで使えたデルタとかの)ラウンジ使ったりとか、無料空港宅配便を使ったりとか、ちょっとした工夫はしてました。

 

当時 無知だった私が言うのもなんですけども、同じような境遇になった人は、絶対、早々に「無理してでも」プラチナ → SFC は、取るべきです!

いや、毎回、ビジネスに乗る人は不要かもしれませんが・・・(笑)。

 

アジア路線は、路線倍率が高いですから、そこそこ PPは貯まりやすいと思います。

それに達成以降は、優先チェックインとか優先手荷物返却とか、ANAラウンジ使えるとか、ボーナスマイルの率が上がるとか・・・良いことあるので & 良いことは 1年でも多いほうが助かりますしね・・・。