読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外に居る時に日本のクレカは発行できるのか。

AMEX ANA JAL JGC VISA カード ポイントサイト 海外生活

前々回の記事の続きっぽい話です。

 

タイトルの通り、「海外に長期で滞在している人は、(日本の)クレジットカードを 正攻法で or 裏技でもいいけど、いづれにしても発行できるのか?できないのか?」ということですが、これ、私の経験上で言えば、

「できるのもあるし、できないのもある。」


という、なんとも中途半端な答えになってしまいます。

 

f:id:expatmiler:20170207173849p:plain

 

以前、海外に頻繁に滞在するようになった後に JALカードを作ろうかなと思った時は、日本に長期で不在でも発行してもらえるのか自信がなかったので、正直に JALカードの窓口に問合せをしたんですが (結局、当面は JGCになるための FOPが貯まる目処が付かなかったので、作るのやめたんですが)、その時は

(海外に永住する訳ではなく)一定期間が終了すれば、日本にお戻りになられるんですよね?

それであれば少しでも早く便利にJALをご利用いただきたいというのもありますので、入会書類をそちらのご住所にお送りいたします。

お手数ですが必要事項を記入されましたら日本の受付住所宛にお送りいただけますでしょうか。

審査が終了し発行が決まりましたら日本のご本人様名義の住所宛にお送りいたします。

と、こっちの滞在先(=もちろん海外ですよ(笑))まで国際郵便で送ってくれたりもしましたから、発行の可否や受取り方法などは各社の判断にゆだねられているのかなぁとも思います。
(マイナンバー導入前だったし、今は以前より厳しくなっているのかもしれませんが・・・。)

 

あんまりネタバレしすぎると、各カード会社に迷惑がかかってもいけないんですが、ちなみにAMEXは本人受取指定型の宅配便でしたが家族の代理での受け取りは可でした。
(同じく今はどうか分かりませんが・・・。)

 

あと、申請のための本人確認書類で、パスポートの最終ページの住所が、入会申し込みに書いた住所(=受取り住所)と一緒じゃないと審査はパスしないみたいです。

これも、なかなかややこしいんですが、(今後、海外に長期で滞在される方の参考になるとすれば)本人確認のための証明書には、

  • パスポート
  • 免許証
  • 保険証

などがあると思うのですが、いづれも本人の(日本での)住所=受取り住所と一緒じゃないとダメなんですよね、まぁ普通、日本にいたら当たり前ですが。

ただ、急に海外遠征とか長期滞在が決まったりすると、免許証の住所変更が終わっていなくて、そのままだったりするとダメなんですよね。
(私、変更してなくて免許証は本人証明書としてはNGでした・・・。)

 

なので、ポイントサイト以前に、ANAマイル貯めるのに必須の ANAカード(ワイドゴールドとかソラチカとか)は、日本に居る期間に作っておくのが吉です。

私も、ワイドゴールドだけは先に作りましたから・・・。
ちなみに、三井住友カードは一旦(もちろん日本で)作ったカードに関しては、海外滞在中とかでも海外に居るってことを登録しておくと(有料だけど)カードの更新時とかに海外滞在先に更新後の新カードを送ってくれるサービスがあります。
有料でもったいないので、更新年のみ海外の居所を登録しておけばOKです。
(新カードを受取ったら登録解除すればOK)

私、この制度で、ワイドゴールドからスーパーフライヤーズ ゴールドにアップグレードしたときには、海外まで送ってもらえましたので・・・。

 

逆に、AMEXは更新時でも海外発送はダメっぽいんですよね。
紛失したら現地で一時的に使えるカードを発行するサービスあるくせに。。。(笑)