宿泊代でマイルGet / スカイトラベラーよりハピタスが上だった。

先日の ANAダイナースカードに関する記事で、宿泊代支払いでカード決済にプラスしてもらえるポイント(or マイル)が、ダイナースカード保有者が使えるダイナースポイントモール経由だったら、スカイトラベラーでの3%より上のことも結構あるようだということを発見しました!と書きましたが・・・ダイナースは無くても良いです(笑)。

 

なので、私自身はダイナースへの入会は保留ということで、一旦 考えないことにしました(笑)。

 

やっぱ、ポイントサイトは陸マイラーの味方なんですねーと思います。

 

というのも、これ、ハピタスのホテル予約関係で検索した結果・・・。

 

f:id:expatmiler:20170207121250p:plain

 

期間限定ではあると思いますが、現時点だとトップはエクスペディアの 6.1%。

これをドットマネー & ソラチカカード経由で ANAマイルに移行すると、6.1 × 0.9 = 5.45%にカード決済の 1%を加えて、6.45%の還元率。

 

現在、ダイナースモールで出てる、+7P = 1+ 7 = 8%よりは見劣りしますけど、今までスカイトラベラーの3%で満足してたことから考えると、5%越えたら十分です。

スカイトラベラー プレミア だったら 5%の還元率ですけど、年会費 35,000円ですからね。

ANAダイナースでも、27,000円しますし。

ダイナースをスーパーフライヤーズに変更して、これしか持っていなくても事足りるとしても、スーパーフライヤーズですから家族カードも要るし、そしたら、28,000円 + 10,500円 = 38,500円、税込みで41,580円もかかりますから・・・ね。

 

陸マイラーの方々が、ANA VISA ワイドゴールド (もしくは スーパーフライヤーズ ゴールド) + ソラチカカードで十分と言うのもうなずけます。

 

スカイトラベラーカードは、とりあえず今の環境下では航空券の支払い時に出番があるので維持しておくにしても、既に 入会キャンペーンも含めて貯まっているポイントが ANAマイルへの年間移行上限の80,000ポイント超えてるので、これをANAマイルに移行したとしても、移行手数料が2年分かかる計算になるし、ということは維持費も10,000円で済まなくなってきてる(15,000円/年になる)ので、日本での生活がメインになったら解約だな・・・航空券代の支払い機会も激減するだろうし。

 

しかも、スカイトラベラーの対象旅行代理店は、日本旅行とアップルワールドのみ。

ハピタスだと、もっと多くの選択肢がありますし、日本国内だったら じゃらんも使えるし (今の還元率 3.2%だったら 計 3.88%)、海外でも エクスペディアだけじゃなく、アゴダ (同 3.7%) や Booking.com (同 3.16%) があって、スカイトラベラーより高い還元率になります。

 

これで、航空券もスカイトラベラー要らずになれば、すぐにでも解約するんですけども。

もちろん、ハピタス経由でも旅行会社が取り扱う海外航空券の案件なんかは、あったりするみたいですけど、ふだんは日時変更可能タイプのチケットを取る必要がある(結構遠征日程が変わる)し、 座席指定やら自分でしたいから、ANAのサイトでブッキングしたいんですよね・・・。

 

航空券代って結構まとまった額になるので (昨年は 24フライト)、 取りこぼししたくないなぁ・・・とも思ったり。