SFCの取得まで。

もう少し、今までの振り返りを続けて書きたいと思います。

無事に3月中に、ANA VISA ワイドゴールドカードを入手し、事前の短期での東南アジア往復&その後の長期遠征のフライトでは、無事にANAマイルに積算することが出来ました。

但し、当初はフライトに使ったのは ANAではなくシンガポール航空便でしたので、機内は快適でしたけどマイルの加算率は、ANA便に乗るよりは少し見劣りしました。

で、その後、マイルが無事にANAに加算されたのか確認したときに、やっと気付いたのが「プレミアムポイント」の存在。

何、このポイント?・・・と。

それで、そこからこの「プレミアムポイント」のことを調べると、エコノミークラスに乗る際にも、ポイントが貯まって会員ステータスが上がると、いろいろと良いことがあるということが分かってきました。

それが、50,000プレミアムポイント達成で得られる「プラチナ会員資格」と、プラチナ会員資格以上が申し込めて翌年以降50,000プレミアムポイントに届かなかった場合にも上級会員資格が継続で得られる「スーパーフライヤーズカード(SFC)」でした。

 

f:id:expatmiler:20170128170925j:plain

 

その存在を遅ればせながら知って以降は、日本-アジア間のフライトの際には全てANA便を利用することにしました。

幸い、海外発着便では、シンガポール航空便より若干 ANA便の方が安い状況というのもありました。

で、海外遠征が増えた初年度は日本との往復もそこそこありましたので、当地から別の東南アジア近隣国へのスターアライアンス便を使用した時の加算も含めて、年内までに無事にプラチナ資格に到達、SFCカードを入手することができました。

翌年以降は当然フライト移動時には非常に役に立てることが出来ました。

フライトが増えて、その結果 SFC会員に早々になれたのは、ラッキーでした。

SFCやプレミアムポイントについての知識は、ネットで既に取得されている方々のさまざまな記事を非常に参考させていただきました。

大変ありがたかったです、感謝感謝です。

 

広告を非表示にする